2022年3月14、15日に行われた「土木学会インフラメンテナンスシンポジウム」にて、「担い手と体制」をテーマに代表取締役丸山明とコンサルティング事業部浅野が発表を行いました。
 
発表テーマはそれぞれ以下のとおりです:
  • 「地方自治体向けのタブレット端末利用の橋梁概略点検システムの開発と実証実験」(長岡工業高等専門学校環境都市工学科 井林康教授、㈱アイ・エス・エス代表取締役 丸山明)
  • 「橋のセルフメンテナンスに参加する市民の安全を守る10の活動に際する規約の導入と改善」(日本大学工学部土木工学科教授 岩城一郎、㈱アイ・エス・エスコンサルティング事業部 浅野和香奈)
詳しくはこちらよりご覧ください。